DENIM T-SHIRT FADED INDIGO【デニム Tシャツ】
¥ 9,000(+tax)
COLOR:FADED INDIGO
SIZE:S・M・L・LL

《 コンセプト 》
一般的なTシャツとは全く異なる生地と縫製技術を駆使した、新しいTシャツが完成しました。
コンセプトは「本物のデニム生地を使った丈夫なTシャツ」

世の中には「デニムTシャツ」と呼ばれるものが数多く存在しています。しかし、そのほぼ全てがニット生地*¹を染めたものであり、実は”デニム”と呼べる物ではありません。
UCHIDA HOUSEIが作ったTシャツは、布帛(ふはく)*²である、正真正銘のデニム生地を使用しています。耐久性、経年変化の風合いが別格です。

 


《 丈夫で長持ちするデニム生地 》
Tシャツ界では「ヘビーオンス」とされる厚い生地を使用している事に加え、根本的に生地の作りが異なる為、ヘタレ難く、長年ご使用頂けます。また、体形が出にくい事もあり、Tシャツ一枚での外出も可能です。
良く伸びるストレッチデニムを使用している為、着心地も良好です。

これを着たら、もう普通のTシャツには戻れないかもしれません。

 


《 ジーンズの縫製技術を駆使した縫製 》
裾はシングルのチェーンステッチ。前身、後身、腕の縫い合わせ部分はダブルのチェーンステッチ(巻縫い)で縫製。一般的なTシャツの縫製とは全く異なる、ジーンズ縫製技術を駆使した縫製となっています。これらの縫い方をする事で、生地のうねり(パッカリング)が出て立体的な見た目になり、ジーンズのような、独特な色落ちを表現できます。裏から見ても生地の裁ち端が一切見えず、とても綺麗です。


*¹ニット生地・・・編み物。伸縮性があるが、着用や洗濯を繰り返すと型崩れしやすい。また、密度が低く通気性が高い。

*²布帛(ふはく)・・・織り物。伸縮性があまりないが、繰り返し使っても型崩れしにくい。密度が高く通気性が低い。


<Made in JAPAN 日本製 内田縫製>

 


《 生地 》
8.5oz 綿95% ポリウレタン5%

 

FADED INDIGO:ストーンウォシュ、バイオ、フェード等、複数の加工を施した後、オーバーダイと呼ばれる、色を乗せる加工をうっすらと行うことでUSED感を演出しています。まだまだ濃いインディゴの色が残っているので、ここからさらに経年変化をお楽しみいただく事が可能です。

 

 

《 サイズ 》
画像を確認して下さい。
モデル身長183cm 着用サイズLL
モデル身長158cm 着用サイズS

 


《 仕上げ 》
USED(一度洗濯してありますので、大きく縮む事はありません)

 


《制作エピソード》
現在、世の中には便利なサービスがあり、誰でも簡単にオリジナルTシャツが作れる時代になっています。安く仕入れた無地のボディーにブランドロゴを入れてしまえばオリジナルTシャツの完成です。アパレルブランドの多くもこの方法を使っています。

UCHIDA HOUSEIでも「ジーンズによく合うTシャツが作りたい」と、Tシャツ制作の構想は社内でもよく議題に上がっていました。上記の方法であれば、簡単に作れてしまうのですが、縫製工場であるUCHIDA HOUSEIが、他社で縫製したTシャツにロゴをプリントするだけでは、何の面白みもありません。かといって一からのTシャツ制作には色々な問題があり、なかなか重い腰が上がりませんでした。

 

そんなとき、「デニム生地でTシャツが作れないか?」と案が出ました。
「それならうちの設備でも縫える」「ジーンズ同様の縫製をすれば丈夫な物が出来そう」など、面白い物ができる事を確信しました。
デニム生地を使った、どこにもないTシャツを内田縫製で一から作る。そう決意したのが2019年秋の事でした。

 

一般的なTシャツ生地に比べ、硬く伸びが悪いデニム生地を使ったTシャツは、とにかく「生地選び」「縫い方」が着心地を大きく左右しました。
中でも苦労したのが襟の部分です。生地が伸びにくい為、襟元を大きくしないと、頭が入らないし、頭が簡単に入る大きさにすると、襟元が大きく開きすぎて不格好になってしまいます。襟の部分だけニット生地を使えば、簡単に解決したのですが、それでは耐久性が落ち、本末転倒です。また、縫い方やパターンも工夫しないと自然なパッカリングが生まれず、ただの縫製不良にしか見えませんでした。何度も試行錯誤を繰り返し、たどり着いたのが今の形です。「着心地」「見た目」「色落ちの自然さ」のバランスが取れたと思っています。

 

当初は2020年春に向けて販売を予定していましたが、何度も失敗し、試作と経年変化のテストを繰り返した為、2020年秋、まる一年かけてようやく完成となりました。(不運にもTシャツの需要が減る時期に完成、公開となりました・・・インナーとしても活躍はしますが。)

 

 

購入先はこちら ⇒ Online Shop

© UCHIDA HOUSEI All Right Reserved.

Back Top